2012年10月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:17 Oct 10 2012

外交部:安倍晋三氏の発言について 日本側は釣魚島係争を正視すべき

 外交部(外務省)の定例記者会見で9日、洪磊報道官が質問に答えた。

 記者:日本の安倍晋三自民党総裁は首相に選出された場合、防衛、海上保安予算を増額する考えを表明した。中国を念頭に置いたものとの論評もある。

 洪氏:目下、中日関係はかつてない厳しい局面にある。日本は釣魚島(日本名・尖閣諸島)係争をしっかりと正視し、中国の領土主権を侵害する行動を止め、交渉による問題解決の軌道に戻るべきだ。

 報道によると安倍氏は8日夜の「政権奪還後の施政」に関する講演で、中日関係の悪化を招いた釣魚島問題を念頭に、自民党が政権を奪還した際には海上保安庁と防衛省の関連予算を増額し、中国への対抗能力を強化する考えを示した。(編集NA)

「人民網日本語版」2012年10月10日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古