2012年10月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:03 Oct 15 2012

カンボジアのシアヌーク前国王が死去


1960年の肖像写真


2002年11月6日。首都プノンペンの王宮前で国民に挨拶するシアヌーク国王(当時)


 カンボジア政府は15日早朝、ノロドム・シアヌーク前国王が同日未明に北京で死去したことを明らかにした。90歳だった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 カンボジア国営テレビは現地時間午前6時に政府の発表を放送した。シアヌーク前国王は午前1時20分(北京時間午前2時20分)に北京市内の病院で死去した。自然死だった。カンボジア政府は遺体を北京からプノンペンへ運び、王宮で伝統的な葬儀を行う。

 ニュック・ブンチャイ副首相は新華社の電話取材に、シアヌーク前国王の死去はカンボジアにとって多大な損失と指摘し「私たちは大変な悲痛の中にある。シアヌーク前国王は偉大な君主であり、私たちはみな尊敬し、敬愛していた」と述べた。ニュック・ブンチャイ副首相によると、シハモニ国王とフン・セン首相が15日朝に北京へ向かい、遺体を引き取ってカンボジアで伝統的な葬儀を行う。

 シアヌーク前国王は1922年10月31日生まれ。1941年4月に王位委員会に国王に選ばれた。1953年に独立を指導し、90年余りにわたるフランスの植民地支配に終止符を打った。生前、ガン、糖尿病、高血圧などの疾病を患い、北京で療養していた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年10月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古