2012年10月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:00 Oct 16 2012

中日の釣魚島紛争の元凶は米国

 釣魚島(日本名・尖閣諸島)の領有権をめぐる中日間の争いの元を作り出したのは米国だ。米国は中日間の摩擦と紛争拡大の元凶でもある。米国は40年前に実写版連続テレビドラマ「中日釣魚島紛争記」のシナリオを書き、監督。現在も中日の紛争を左右またはコントロールしている。米国は中日に口げんかをさせるが、殴り合いはさせないことを趣旨としている。この「連続ドラマ」を編み出した当初の目的は、中日を争わせ、漁夫の利を得ることだ。中日が何のもめ事もなく付き合えば、すぐに米国が火をつけるのだ。(文:郁志栄・中国海洋発展研究センター研究員。環球時報掲載)

 米国は日本側の「不法な島購入」の茶番劇のために中日が激論を交し、収拾がつかない時に出てきて、口では「どちらの側にもつかない」「特定の立場をとらない」と言い、大げさに「和解を取り持つ」そぶりを見せる。だがこれと同時に日本と共に島嶼奪還の軍事演習を頻繁に行う。米日は14日、11月5日から16日まで沖縄で島嶼奪還演習を行うことを決定した。8月から9月の37日間の長きにおよぶ合同軍事演習に続くものだ。米国は法律と実力の双方を使って中日間の言い争いを操り、またはバランスを取る。第1の手として、まず双方に「道理」と「和議」を説く。これが効を奏さなければ第2の手として、当事国の面前で武力を見せつける。米国の2つの空母打撃群が東中国海の釣魚島周辺海域と南中国海に近づき巡航、訓練を行い、中日双方にどうすべきかを検討させる。中日関係が中米関係と日米関係に従属していることは争えない事実だ。

 釣魚島をめぐる領有権紛争を引き起こした根源と経緯をはっきりさせて初めて、中日間の摩擦と紛糾を今後いかにして正しく処理すべきかについて、おおよその判断ができる。カイロ宣言とポツダム宣言に基づき、釣魚島およびその付属島嶼が反ファシズム戦争の成果として中国に返還されるのは理の当然で、絶対に正しい道理だ。だが米国はあくまでもその「施政権」を日本に返還した。これは米国が先に仕掛けたわなだ。日本を手先にして、中日関係をいつまでも平穏にさせず、その間に入って利益を得るためだ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:2

   

最新コメント
西本久司   2012-10-15118.104.97.*
問題の島の領有権についての日中両国政府の主張は理解している。この主張の対立は日中国交回復時にすでに両国の指導者が認識していた。彼らはこの問題の解決を将来に送るという賢明なg
japanese   2012-10-1549.133.2.*
認めますがその仕掛けに中国が見事にひっかかってませんか?
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古