2012年10月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:06 Oct 16 2012

紛争の全ては日本が島を「盗んだ」ことから始まった

--釣魚島問題の真相を論じる(一)

 「盗む」とは何か?辞書の説明では「窃盗」、つまり合法的でない、理にかなわない手段で取得することだ。こうした行為は不名誉であり、良い結果を生むこともあり得ない。釣魚島(日本名・尖閣諸島)をめぐる中国と日本の争いは一見複雑だが、詳細に調べれば、全ての問題はみな「盗む」の一語に由来する。紛争の全ては日本が島を「盗んだ」ことから始まったのだ。

 「盗んだ」と言う第1の理由は、釣魚島が中国に属し、日本とは無関係だからだ。日本は釣魚島が自らの領土であることを証明するために脳味噌を絞り、苦心惨憺して口実や根拠を探し回り、釣魚島は日本の商人が最も早く「発見」しただの、いわゆる「無主の地」だの「日本固有の領土」だのといっている。これらは全くの白々しいでたらめであり、「盗んだ」ことを手を変え品を変えて覆い隠そうとする行為だ。釣魚島が中国に属すことには歴史的な記録と証拠となる地図がある。世界にはまず釣魚島という名があり、後に「尖閣」という呼称がでてきたのだ。釣魚島という名は15世紀の中国の明代の史書にすでに見られるが、いわゆる「尖閣列島」という呼称は1900年になってようやく、日本の学者・黒岩恒によって言及されたのだ。大量の史書は中国が最も早く釣魚島で生産活動に従事し、釣魚島を台湾の付属島嶼として海防区域に組み込んだことを証明している。日本の著名な歴史学者・井上清の研究は、1868年の明治維新まで中国の文献を除き、日本と琉球では釣魚島を単独で取り上げた文献が全く見られないことを示している。

 事実は明白だ。釣魚島の主は中国であり、日本ではないのだ。日本は中国から釣魚島を盗み取り、名称を変更すれば自分のものになると考えた。だがこれは泥棒が人様の自動車を盗み、家に帰ってナンバープレートを付け替えれば発覚しないと考えるようなもので、そんな簡単なものではない。こうした考え方は全く自他共に欺くものだ。盗んできた物はどんなに偽装し、覆い隠そうとも、その属性は変えられず、財産権は依然人様のものなのだ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古