2012年10月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:48 Oct 22 2012

紛争の全ては日本が島を「盗んだ」ことから始まった (2)

--釣魚島問題の真相を論じる(一)

 「盗んだ」と言う第2の理由は、当時日本が盗人の後ろめたさで、釣魚島の侵奪・占拠を陰でこそこそと行い、人に顔向けできなかったからだ。日本の国立公文書館、外務省外交史料館、防衛省防衛研究所図書館所蔵の明治時代の数10点の文書は、日本政府は清朝政府が釣魚島に対して主権を有することを非常にはっきりと理解していたことを明確に示している。日本は1885年に釣魚島の第1次実地調査を行った後、清政府の報復を恐れ、遅々として侵奪・占拠行動を行わなかった。甲午戦争(日清戦争)で清政府の敗局が決定的になった機に乗じて、内閣の秘密決議を通じて釣魚島などをわがものにしたのだ。秘密決議を行ったのは、まさにこうした行為が人に顔向けのできない、白日の下にさらすことのできないものだからだ。もし確かに日本の言うように日本側が最初に釣魚島を発見したのなら、日本の内閣は完全に公明正大に会議で議論し、正々堂々と世界に公にすればいいのだ。秘密裏に決議する必要がなぜあろうか?こっそりと進め、秘密にする必要がなぜあろうか?当時日本がいかにこそこそと、人目を避けて、あたりを見回しながら島を盗んだか、世界の人々は完全に想像できるだろう。日本側が釣魚島に対して行うと公言しているいわゆる実地調査活動は、実際には窃盗行為の見張りと道調べであり、中国の手中からより安全に、円滑に島を「盗む」方法を探るものなのだ。

 「盗んだ」と言う第3の理由は、いかなる「盗品」もいかに悪あがきし、包装し、売買しようとも、どれだけの年月が経とうとも、その持主と属性は変えられず、遅かれ早かれ元の持主に返さねばならないからだ。「中国の主権」というラベルはどうやっても剥がせないのだ。現在日本は「島購入」によって釣魚島の属性を変えようと考えているが、これは徒労で無効であり、釣魚島は日本に盗み取られたという本質を一段と露呈し、釣魚島問題の真相を世界の人々により明確に理解させるだけだ。

 日本が中国の釣魚島を「盗み」取ったことは揺るぎない事実であり、しらを切りとおすことも、覆い隠すこともできない。われわれは日本側に、幻想を捨て去り、勇気を出して、過ちを正し、誠実に中国側と話し合い、釣魚島問題を適切に解決するよう忠告する。小賢しく振る舞ったり、しらばっくれても、切り抜けることはできないのだ!(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年10月16日

■関連報道

日本の行為は「ごねている」という

第二次大戦の歴史の決定を覆すことは許されない

「サンフランシスコ講和条約」のどこが証拠とするに足るのか?

日本は背信行為の深刻な結末に責任を負わなければならない


[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古