2012年10月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:10 Oct 19 2012

アジアの国々、日本の政客の靖国参拝を強く非難

 超党派議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」に属する日本の国会議員67人が18日午前、A級戦犯を祀っている靖国神社を参拝した。羽田雄一郎国土交通相と下地幹郎郵政民営化担当相という閣僚2人も参拝に加わった。アジアの国々および日本の有識者はこの行為を強く非難している。

 韓国・聯合ニュースによると、韓国政府は閣僚2人を含む国会議員多数が靖国神社を参拝したことを、無責任な行為だとして強く非難。「日本は歴史を正視し、反省し、隣国といかに睦まじくつきあうかを真剣に考えるべきだ」と指摘した。

 韓国外交通商省の趙泰永報道官は18日の定例記者会見で「現職閣僚を含む日本の政客による靖国神社参拝は隣国の国民感情を顧みない無責任な行為であり、大変遺憾だ」と表明。「謙虚な姿勢で歴史を正視するよう日本の政治家に再び促す」と述べた。報道によると日本の安倍晋三自民党総裁が17日午後に靖国神社を参拝したことに、韓国や中国など周辺国国民は憂慮を抱いている。韓国外交通商省は17日、安倍氏の靖国参拝を強く非難し、遺憾の意と憂慮を表明した。

 シンガポール国立大学東アジア研究所の陳剛研究員は18日、人民日報の取材に「今後、靖国神社を参拝する日本の政客は増える恐れがある。日本は『右翼化』しつつあると言える。現在日本の政局は流動的で、政界の重要人物は政治、経済面で有権者を引きつけることのできる政策を多く打ち出せずにいる。引き続き釣魚島(日本名・尖閣諸島)『購入』を含む民族主義的議題を操り、民族主義のカードを切って票を獲得しようとする可能性がある」と述べた。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古