2012年10月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:46 Oct 21 2012

中国海軍艦隊が釣魚島海域に初進入

 中国海軍北海艦隊に属する軍艦7隻からなる遠洋訓練艦隊は17日間の訓練を滞りなく完了し、19日に青島の某軍港に到着した。今回の遠洋訓練で海軍艦隊が初めて中国の釣魚島(日本名・尖閣諸島魚釣島)周辺海域に入った。訓練に参加した艦船の多くは海軍の新型主力戦艦だ。

 ■巡航中、日本の駆逐艦が追跡

 中国中央テレビ(CCTV)によると、19日午前9時頃、遠洋訓練を滞りなく完了した北海艦隊の軍艦7隻が青島の某軍港に到着した。艦隊は4日に西太平洋海域に入り、14日に釣魚島の真南から西沿いに北上し、釣魚島海域に入って巡航した。最も近い時で釣魚島に30海里前後まで接近した。この間、日本の駆逐艦と護衛艦が常に追跡、偵察していた。

 訓練に参加した艦船の多くは中国海軍の新型主力戦艦だ。艦隊の指揮艦はミサイル駆逐艦「哈爾浜」。この他、ミサイル駆逐艦「石家荘」、ミサイル護衛艦「塩城」「綿陽」、遠洋総合補給艦「洪沢湖」などが参加した。

 将兵らは任務海域の様々な海況の下、艦隊指揮、対潜対空、海賊取り締まり、国際救援など様々な訓練を行った。

 報道によると18昼夜の遠洋任務で、同行記者は戦闘警報を100回余り聞き、将兵の緊迫した雰囲気と強烈な戦闘意識が感じられた。今回の任務海域は高温、多湿、大雨など海況が変化に富んだうえ、台風21号による強風と荒波の試練も受けた。今回の訓練には訓練内容が多く、強度が大きく、期間が長いといった特徴があった。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古