2012年10月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:11 Oct 24 2012

第16回党大会以来の党の組織建設の成果

 「大学生村官対象の公務員採用を3-5年で、同年の公務員採用計画の15%前後にまで高めるべきだ」。これは少し前に中共中央組織部、中央機構編制委員会弁公室、教育省、財政省、人的資源・社会保障省、国家公務員局の「大学生村官事業の一層の強化に関する意見」で打ち出された、大学生村官の選抜・採用の強化に関する新たな措置だ。数年間の着実な推進を経て、「長期戦略的意義を持つ」この計画はあまねく歓迎され、幅広い賛同を得るにいたった。大学生村官30万人の成長によって基層党・政府幹部建設は重要な力を蓄え、大学生村官の活動は党・政府幹部の基層育成・選抜の重要な一部ともなった。

 大学生村官の活動が基層にもたらした新たな気運は、第16回党大会以来、特に第17回党大会以来の党の組織建設の著しい成果に対する目新しい注釈となった。過去10年間、胡錦濤同志を総書記とする党中央の揺るぎない指導の下、各級の党委員会と組織・部門は中央の指示を真剣に貫徹実施し、中心を押さえ、大局に尽くし、自発的に行動し、果敢に責任を負い、改革・革新し、全力で実行し、科学的発展に尽くす組織活動の優れた答案を書いて見せた。

 ■幹部集団の構築と幹部人事制度の改革に重大な進展

 第16回党大会以来、各級の党委員会と組織・部門は資質の高い指導グループと幹部集団の構築に努力し、幹部人事制度の改革を強化して、経済と社会のより良くより速い発展の推進に揺るぎない保証を提供した。

 党中央は改革のトップレベルデザインを強く重視しており、実践経験の総括を踏まえて2009年に公布・施行した「幹部人事制度改革深化計画綱要2010-2020」によって、改革の指導的思想、基本原則、主要課題、具体的要求を打ち出し、改革を全面的に深化するための「ロードマップ」と「タイムテーブル」をしっかりと描いた。

 各地は指導部ループの配置・改革を深化し、「トップ」の選抜・配備を際立たせ、市党・政府正職、県委員会書記、郷・鎮党委員会書記、党委員会組織部長など重要ポストの幹部に対する重点的な管理を着実に推進し、優秀な若手幹部の育成・選抜を強化し、女性幹部、少数民族幹部、党外幹部の選抜・組合せを重視し、一段とグループ構成を最適化し、グループ全体の機能を強化し、幹部管理のシステム化、カテゴリー化、精緻化の水準を著しく高めた。

 各地は徳の優先的地位と主導的役割を際立たせ、才徳兼備、徳の優先を幹部選抜・採用の全過程で貫徹し、幹部の育成と教育、管理と監督、奨励と規制の各方面で体現した。中共中央組織部は「幹部の徳に対する考課の強化に関する意見」を配布し、全国181市、1312県も徳の考課方法を定めた。

 各地は民主拡大の要求を幹部選抜・採用の全過程で貫き、大衆の「四権」を実行に移し、組織のチェック機能も発揮して、堅実な民意を基礎に選抜・採用への信頼度を高めた。現在すでに全国13省、122市、845県の委員会全体会議、常務委員会で幹部採用の投票決定制度が試行され、うち3省は省、市、県の3つのレベルで全面的に常務委員会の投票決定制度が実行されている。

 各地は競争選抜も強化し、競争選抜の質の向上に力を入れ、人材選抜の視野を広げ、優秀な人材の抜擢を促した。統計によると2008-11年だけで、公開選抜、競争選抜方式で選抜された庁、処、科級の幹部は計28万7000人に上る。

 組織活動への満足度に関する世論調査は、幹部人事制度改革の成果に対する幹部・大衆の評価が年々高まり、2011年には2008年と比べ13.43ポイント高まったことを示している。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古