2012年10月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:18 Oct 24 2012

中国軍艦の沖縄方面への航行は正当かつ合法であり、大げさに扱う必要はない

【中日対訳】

 中国国防部(国防省)報道局は23日、中国国際放送局の取材に対し、中国海軍の軍艦3隻が沖縄方面に向けて航行しているとの同日の日本メディアの報道について「中国海軍艦艇が関係海域で通常の訓練と航行を行うことは、正当で合法だ。関係方面が客観的、理性的に受け止めることを望む。大げさに扱う必要はない」と述べた。国際在線が伝えた。

 日本防衛省は23日、現地時間22日午後5時頃に、沖縄本島から470キロの海域で中国海軍のミサイル駆逐艦とフリゲート艦計3隻を確認したと発表した。日本側は、艦隊は時速25キロで北上しており、厳しく追跡すると表明。日本側はミサイル駆逐艦2隻とフリゲート艦1隻を確認したとしている。日本側の公開した写真から見て、この3隻の軍艦は中国の南海艦隊と思われる。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年10月24日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古