2012年10月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:11 Oct 25 2012

韓国、朝鮮批判ビラ散布を阻止 軍事衝突避ける

 韓国の民間団体が22日に予定していた朝鮮批判ビラの散布は韓国の警察当局に事実上阻止され、懸念されていた朝鮮半島の軍事衝突は回避された。中国紙、国際金融報が報じた。
 
 韓国の「北韓(朝鮮)民主化推進連合会」は22日、南北の軍事境界線に近い韓国北方の都市・臨津閣から、朝鮮の「三代世襲」などを批判する約20万枚のビラの入った袋を10個の風船で飛ばし、朝鮮側にまく計画だった。
 
 この計画が明るみに出ると、朝鮮中央通信は19日、「臨津閣とその周辺はわが 軍隊の直接的な照準射撃の対象になった」とする朝鮮人民軍西部前線司令部の通告状を発表。22日には、朝鮮側で前線の砲兵部隊に動きが見られた。
 
 これを受け、韓国軍も21日、警戒態勢を最高水準に引き上げ、朝鮮側の動きを注意深く監視すると同時に、臨津閣への軍事配備を強化。朝鮮半島は緊張感に包まれ、不測の事態が懸念された。
 
 しかし韓国側は突如、姿勢を軟化させ、ビラ散布の阻止を決定。現地時間22日午前8時40分ごろから、臨津閣へ通じる2カ所の道路に警察官や兵士を配置して封鎖し、民間団体メンバーや記者の立ち入りを禁止した。
 
 22日午後3時ごろの時点で、朝鮮軍砲兵部隊の戦闘待機状態は解けておらず、韓国も最高水準の警戒態勢を維持している。(編集YT)

「人民網日本語版」2012年10月25日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古