2012年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:09 Oct 26 2012

今後10年の中国は全世界に影響

 米大統領選が白熱化する中、多くの西側メディアが太平洋西岸に視線を移し、中国共産党の第18回党大会と中国の未来に注目している。人民日報系の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 米CNNは先週、中国を深く理解している人物を招き、全方位的に中国を観察する番組「On China」の放送を開始した。米大統領候補の最後の討論会が行われた23日、BBCは討論会「中国の未来」を開催した。英メディアは「世界は中国指導層の交代に関心を持たないことの代償をすでに負えなくなっている。今後10年、米国の首都ワシントンからナミビアの首都ウィントフックまで、政策決定者は中国が何をしているのかへの関心を深めていく」と報じた。

 2012年から2022年は国際関係史上、重大な時期になると多くの国際政治評論家が見ている。この期間に中国がGDPで米国を追い抜くと予測する国際機関もある。世界が中国の未来の難題を議論するにあたり、最も多く取り上げるのも経済関係であり、中国の経済改革とモデル転換の行方を推測するものだ。独紙「ディ・ヴェルト」は24日付で「中国がこのより大きな機械を以前のように高速で稼働させるにはよりハイパワーのモーターが必要だ」と指摘した。

 欧中研究諮問ネットワークプロジェクトの責任者は24日「中国の直面する問題は、いかにして経済成長を維持すると同時に改革を推進するかだ。この改革は社会の安定を維持するための長期的な策だ」と指摘した。

 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの学者、マーティン・ジャック氏は「西洋人は長い時間をかけてようやく中国に対して真に興味を抱き始めた。予測可能な未来において、中国の世界への影響は経済・政治面だけでなく、文化・思想面に一段とおよぶ。中国の台頭は大変異なる新たな時代がゆっくりと到来することを告げている」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年10月26日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古