2012年10月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:09 Oct 30 2012

過去10年間に2600万人以上が中国共産党に入党

【中日対訳】

 中共中央組織部によると、2002年から2011年にかけて中国共産党員は2666万1000人増えた。生産と活動の第一線の党員、35歳以下の党員、少数民族の党員、女性党員の割合も多かれ少なかれ高まった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 過去10年間に中共の党組織と党活動は大幅に拡大した。2011年末時点で基層党組織の総数は402万7000に達している。内訳は基層党委員会が19万1000、党支部が25万、支部が358万6000となっている。流動党員の党組織は1万1000、党員サービスセンター(ステーション、スポット)は44万1000。

 過去10年間に中共は非公有制経済組織と社会組織の党組織構築に特に取り組み、非公有制企業の96.7%に党組織を構築し、条件を満たす非公有制企業の99.7%に党組織を構築した。弁護士、公認会計士業界を突破口に社会組織の党組織構築に取り組み、党組織を構築すべき社会組織のうちすでに98.4%に党組織を構築した。

 過去10年間に中共は人員選抜の視野を広げ、優秀な人材を基層党組織の書記に選抜した。2011年の任期満了に伴う再編成で新たに選出された郷・鎮党委員会書記の平均年齢は41.1歳で、大卒以上の学歴が94.2%を占めた。

 別の統計では、2002年から2011年までに各レベルの党委員会は計282万6000の先進基層党組織、1520万1000人の優秀共産党員、233万2000人の優秀党務活動家を表彰した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年10月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古