2012年10月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:05 Oct 30 2012

第18回党大会に全世界がこれほど注目する理由

 中共の第18回党大会の開催が近づき、中国に向けられる全世界の視線も増している。日本メディアは、今年の中国政治の最も重要な出来事、最大の気がかりが間もなく開幕すると報道。シンガポールメディアは中共の第18回党大会を米大統領選と並んで「2012年の世界で最も重要な出来事」に挙げた。一方インドメディアは、中国の第18回党大会を注視するよう呼びかけた。(文:正楷・人民日報編集者。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

 世界は第18回党大会だけでなく、「最もまずい時期」を持ちこたえる中国経済、中日の釣魚島(日本名・尖閣諸島)紛争、莫言のノーベル文学賞受賞についても熱く議論している。探求と成長と困惑の中にある発展途上の大国である中国の複雑性、その試練とチャンス、その世界を引きつける力が最近余すところなく示されている。

 中共の第18回党大会が全世界をこれほど強く引きつけるのはなぜか?

 第18回党大会への注目は、中国の力への注目である。中国と世界の関係、世界における中国の役割には重大な変化が起きている。中国は2010年から世界第2の経済大国となった。経済低迷時には世界に対する中国の積極的な役割が一層明確に示された。中国は経済力以外に政治力、文化力、さらには道義力においても同様に世界に計り知れない影響を与えている。

 第18回党大会への注目は、中国の声への注目である。中共の各党大会では、いつも新たな声と理念が打ち出される。例えば「科学的発展観」「社会管理の革新」「より良くより速い」等々だ。内政関連が多いのは確かだが、こうした用語を熟知することは中国とつきあう上で非常に有益だ。過去を帰納し、苦境の解を求める上で、第18回党大会はどのような声を発するだろうか?中共の党規約はどのように改正されるだろうか?釣魚島問題や黄岩島(スカボロー礁)問題などについて指導的思想を打ち出すだろうか?外国メディアはこれら全てに注目している。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古