2012年10月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:29 Oct 30 2012

中国とASEANが非公式高官協議

 中国とASEANは29日にタイで非公式高官協議を行い、プノンペンで間もなく開催される一連の東アジア首脳会議に向けた準備を行った。高官らは地域情勢、中国・ASEAN関係について率直かつ踏み込んで意見交換した。

 各国高官は中国-ASEAN自由貿易圏の全面的な完成が双方の利益のつながりを一層緊密化したことを始め、中国とASEANが対話関係構築後20年年余りに各分野の交流・協力で上げた著しい成果を高く評価した。また、中国とASEANの善隣友好と互恵協力は各自の国の進歩と発展を促したのみならず、地域の平和・安定・繁栄・発展にも重要な貢献を果たしたとの認識を示した。

 高官らは「国際・地域情勢に深く複雑な変化が生じている現在、中国とASEANは意志疎通を強化し、相互信頼を促進し、試練に共同で対処し、共同発展を実現すべき」との認識を示した。また、中国とASEANが戦略的パートナーシップを構築してから10周年になる来年を契機に政治、経済、貿易、人、文化、ネットワーク連結など各分野の協力を全面的に推し進め、戦略的パートナーシップを拡充する方針を示した。

 高官らは「南中国海における関係国の行動宣言」実施の進展状況について話し合い、南中国海情勢の全体的安定の維持が極めて重要との認識を示した。また、南中国海問題における中国とASEANの対話や意志疎通は順調かつ有効であり、南中国海の平和・安定維持において重要な共通認識と重大な利益を備えていると指摘した。各国は「南中国海における関係国の行動宣言」を全面的に実行する方針と、カンボジアが11月に開催する「南中国海における関係国の行動宣言」調印10周年記念シンポジウムへの支持を表明。現在の対話と意志疎通の流れを維持し、積極的に条件を整え、協議による一致を基礎に「南中国海における行動規範」の最終的な成立に向けて努力する考えを示した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年10月30日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古