2012年10月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:00 Oct 31 2012

中国による日本側船舶「排除」は段階的勝利

 中国国家海洋局は30日、中国の海洋監視船隊が同日午前10時頃に釣魚島(日本名・尖閣諸島)周辺の中国領海内で不法に活動していた日本側船舶に対して監視と証拠採取を行い、かつ「排除措置」を実施したと発表した。釣魚島周辺の中国領海内での日本側船舶の「排除」を中国側が公表したのは初めてだ。(環球時報社説)

 これは釣魚島危機がエスカレートしたここ2カ月余り続いている、釣魚島に対する日本側のいわゆる「実効支配」の瓦解プロセスの一里塚的な進展である。中国漁船が釣魚島海域で拿捕された2年前、そして香港の釣魚島防衛船の船員が釣魚島に上陸して拘束された2カ月余り前と比較すると、釣魚島をめぐる中日領有権争いの状況には今日、根本的な変化が起きている。中国の法執行部隊はすでに釣魚島海域に足を下ろし、主権維持活動を徐々に拡大している。

 日本政府と石原慎太郎の二人羽織による、釣魚島に対するいわゆる「国有化」は、すでに完全な受け身に陥った。中国側は今回の反撃によって釣魚島海域での海洋監視部隊の常態的なパトロールを実現し、釣魚島から12海里への進入を続け、大きな前進を果たした。釣魚島は無人島で何もないため、「管理」は象徴性と形式性が強い。中国側は事実上、すでに釣魚島管理のいくつかの区間の奪回を開始し、日本との「交差」を実現した。

 釣魚島の管理権を完全に取り戻すには無論まだ程遠いが、中国の進展は日本の気勢に深刻な打撃を与え、激しい権幕で迫っていた日本は守勢と退勢へ回ることを余儀なくされた。日本は事実上、釣魚島に対する中国の新たな姿勢をすでに受け入れたのだ。

 中国は今年黄岩島(スカボロー礁)でフィリピンの挑発に反撃し、同島に対する支配権を直接的に確固たるものにした。釣魚島問題における日本への反撃も同様に断固たるものだ。日本は「国有化」の虚名を得たが、釣魚島に対する支配は逆に中国側に徹底的に打ち破られ、釣魚島から12海里内で双方の公船が対峙する状況がもたらされた。諸外国が中国の連続的行動を受けて、領土主権を守るとの中国の決意に対する評価を新たにすることは必至だ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古