2012年11月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:03 Nov 02 2012

歴史はインターネット時代の第18回党大会を記憶する

 世界の注目する中共の第18回党大会が来週の木曜日に開幕する。中国は上から下まで、党大会に向けた各種準備のピークに入った。党大会を重視する以上、準備も入念だ。北京など各地の警察当局は党大会期間の治安確保を誓っており、北京ではボランティア100万人余りが治安活動に参加する予定だ。(環球時報社説)

 ネットではこうした入念な準備に異議を申し立てる人もいる。今はこうした異論も容易に耳に届く時代だ。だが準備作業は引き続き計画通り進められている。それほど入念に準備せず、もう少し手を緩めるべきではとの声があるが、これは中国の社会ガバナンスの問題が大きく、第18回党大会の核心的内容とは無関係だ。

 第18回党大会は非常に重要だ。中共指導者の世代交代が完了するだけでなく、今後10年間の改革の方向性と重大な国策が決まる。長い年月をはさんで開催されるこの大会の重要性は中国の方式で社会各層に伝えられ、一部では一定の「緊張感」すらもたらしている。この過程については政治的手配によって全ての段階をつなぐことは難しく、むしろ国家の真実の状態の現れであるといえる。

 第18回党大会に関心を持っているのは上層部だけだとの声があるが、それは違う。実は民間の関心も同様に高い。今年に入り民間のいたるところで第18回党大会について議論が交され、経済・社会のリズムにさえ党大会との黙契的な相互作用が見られる。第18回党大会の成功は絶対に中国社会の本流の願望だ。

 第18回党大会については、いい加減な準備で済ませるよりも、良好な雰囲気をつくり、順調な開催を確保することの方が、現在の中国において自然なことだと言えよう。これは中国の政治的伝統、さらには社会的、文化的伝統の一部なのだ。北京の警察当局は第18回党大会期間に大変多忙になることを2、3年前には予想していただろうし、他の省や直轄市の人も党大会期間は上京時の管理がいつもよりやや厳しくなることを予想していただろう。こうしたことに特に不適応感を抱く人が少数であるとは限らない。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古