2012年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:21 Nov 05 2012

ASEM首脳会議開幕 領土係争の議論を望む日比

【中日対訳】

 「アジア欧州のリーダーのブレインストーミング」とメディアの形容する第9回アジア欧州会議(ASEM)首脳会議が本日ラオスの首都ビエンチャンで開幕し、アジア欧州51カ国が「平和の親友、繁栄のパートナー」をテーマに交流する。日本の野田佳彦首相とフィリピンのアキノ大統領の日程には他の国々の首脳とは異なる共通点がある。両首脳は出発前の4日、中国との海上領有権争いを会議で取り上げる方針をそれぞれ表明したのだ。「環球時報」が伝えた。

 ジャカルタ・ポスト紙は「食品とエネルギーの安全、持続可能な開発、財政と経済危機、気候変動、自然災害対策、社会・文化協力、ASEM首脳会議の今後の発展の方向性などが会議の議題だ」と伝えた。

 共同通信は、野田首相が首脳会議で釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題について日本側の立場を明らかにし、国際法の遵守を呼びかけ、各国の理解を求めると報じた。NHKは野田首相がカンボジア、フィリピン、デンマークなどとの二国間会談で、釣魚島は「日本固有の領土」との主張を表明すると報じた。

 日本メディアは明らかにフィリピンを南中国海問題で中国と対立する国の1つと位置づけている。アキノ大統領は4日、ASEM首脳会議で南中国海問題を取り上げるとともに、南中国海の公正と平和に関する協定の起草について各国に提案を求める方針を表明した。

 復旦大学の国際問題専門家、呉心伯氏は「自国の領土摩擦を国際会議の日程に無理矢理押し込むのは、外交的風格のないやり方だ。日本とフィリピンがそうするのは、中国との二国間の意思疎通において相対的に不利な立ち位置にあるため、国際会議の場を借りて中国の事を訴え、理解と同情を得ることを望んでいるからだ」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年11月5日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古