メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>政治>>評論・視点
更新時間:10:55 Aug 14 2008
日増しに整う6カ国協議の行動体制(1)
 第6回6カ国協議の第2回首席代表会合が12日、北京で閉幕した。6カ国は検証体制・監視体制を発足させ、各体制の指導的原則を採択し、残る措置のタイム・テーブルを制定し、第2段階の残る措置の全面履行に向けて明確な青写真を示した。

 今回の首席代表会合は9カ月間の中断を経て再開された。核計画申告をめぐる朝米間の対立によって、昨年10月3日に採択された「共同声明の実施のための第2段階の措置」には半年近い遅れが生じた。だが、この9カ月間も「休会」ではあるが「休談」ではなかった。各国の緊密な接触と中国側の積極的な調停を経て、今年6月2日に朝鮮がついに議長国である中国に核計画申告書を提出。米国も同日、「テロ支援国家指定解除」の手続きに入り、朝鮮への「対敵通商法」の適用も停止した。そして6月27日に朝鮮が寧辺核施設の冷却塔を爆破するに至り、第2段階措置は積極的な進展を得たのである。このため今回の首席代表会合は「第2段階措置の全面履行の給油所、6カ国協議を新たな段階へ前進させる転換点」に喩えられている。

 6カ国協議のプロセスが、共同声明履行の段階に達した後に迎える問題は、技術的なレベルのものであれ政治的なレベルのものであれ、ますます複雑・敏感になる。寧辺核施設の無能力化の確認もそうだ。6カ国協議は初めてその枠組内で検証・監視体制を発足させた。検証体制は6カ国の専門家で構成され、核施設の査察、関連文書の閲覧・検査、核技術者への聞き取りなどを行い、必要時には国際原子力機関(IAEA)に助言と協力を求めることになっている。これが持つテクニカル、オペレーショナルな意味は大きい。監視体制は首席代表で構成され、不拡散や対朝経済・エネルギー支援を含む、各国の公約の遵守・履行を確保する。適切な官員に権能の履行を授権することができ、最も権威ある「作業部会」と呼べるものだ。残る措置のタイム・テーブルはさらに詰める必要があり、また各国それぞれの関心によっていくらかの「時差」がある。無能力化と残る対朝重油・代替物資支援は、いずれも今年10月末までの完了に努めることになった。米ロは今年10月末までに残る対朝重油支援を完了すべく努める。中韓は今年8月末までに残る対朝代替物資支援を完了すべく努める。日本は環境が整った時点で、早急に対朝経済・エネルギー支援に参加する意向を表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年7月14日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」