メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>政治>>記者会見
更新時間:10:16 Sep 04 2008
温家宝総理、四川大地震の中心地で記者会見(4)
 記者:総理は1日に北川県を訪れ、被災地の子どもたちが他の地区の子どもたちと同じように、同じ時期に新学期に入るのを目にされた。子どもたちの笑顔を見て、何をいちばん感じられたか。

 温家宝総理:わたしが最も心を痛めたところについての話だ。私は北川県に4回行ったが、前の3回は笑うことはなかった。笑顔は浮かびもしなかった。学校で亡くなった子どもたちの数をたずねることすらできなかった。子どもたちに辛い気持ちを呼び戻すことを恐れたのだ。だが1日に北川中学の新入生を見た時は、笑顔が浮かんだ。わたしは即席で話をした。太陽はいつか必ず昇ること、未来はいつか必ず明るくなることを話した。あれは子どもたちを励ますためのものでもあり、わたし自身を励ますためのものでもあった。つまりわたしは、子どもたちと一緒に奮闘し、新しい北川県を建設しなければならないのだ。わたしは1日に、北川県城(県政府所在地)をおよそ1時間歩いた。映秀鎮と同じく、最も激しい震災の爪痕が残されていた。あれを見ると涙を催すが、わたしたちはそこから、北川県の人々、ブン川県の人々、青川県の人々、四川省全体の人々が震災を前に示した、強靱で勇敢な、何ものをも恐れぬ精神をも悟った。わたしは北川中学の始業式にも出席し、車椅子の生徒が20人余りいるのに気づいた。今回の震災で負傷した子どもたちだ。わたしは歩み寄り、1人1人と握手をした。「力強くね」という言葉しか出てこなかった。地震直後に子どもたちに語りかけたように、生き残ったからには良く生きていくんだよ、それも、より良い人生をね、と。

 「記者会見」は中央と地方のメディア10社余りから記者が参加し、40分間行われた。(編集NA)

 「人民網日本語版」 2008年09月03日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催