メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>政治>>記者会見
更新時間:16:05 Dec 03 2008
外交部、「米中経済安保調査委員会」の年度報告を非難
 外交部の秦剛報道官は21日、米議会の「米中経済安保調査委員会」が発表した08年中国に関わる年度報告について、記者の質問に答えた。「新華社」が伝えた。

 ――米議会の「米中経済安保調査委員会」が発表した08年中国に関わる年度報告について、中国側の意見は。

 同委員会は一貫して色眼鏡をかけて中国を中傷し、間違った方向に世論や民衆を扇動しようとし、中国と米国の幅広い分野における協力の障壁となっている。そのいわゆる報告は反論するに値しないし、その思惑は思い通りになるわけがない。わたしたちは同委員会のイメージを損なわないためにも、その体質を改編し、このような報告を発表するのは止めるよう忠告する。

 「環球時報」の報道によると、米「米中経済安保調査委員会」は11月20日、中米関係に関する年度報告を議会に提出。同委員会はこの報告を02年から発表しており、今年で6本目となる。今回の報告も基本的に前5本の基調を受け継ぎ、むやみに中国の内政干渉をすると同時に、「中国脅威論」を吹聴し、とりわけいわゆる中国の宇宙脅威、インターネット脅威といった内容は誇張も甚だしい。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年11月22日

関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える