メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>政治>>国内
更新時間:10:47 Aug 14 2008
河南省、地方法規の制定に民意を反映(2)
 ▽省人民代表大会の記者会見に出席へ

 河南省人民代表大会(省人大)が行った記者会見に、侯俊卿さんは市民代表として出席し、発言を行った。省人大は侯さんのことを「提案が最も多い参加者」と評価する。

 「地方法規を20項目提案して、12項目も採択され、達成感でいっぱいだ」と侯さん。採択された12項目は▽医療協力▽都市?農村道路▽農村の宅地指定地の工業占有化▽村民組織法の補足▽農村の水利施設▽偽広告▽高齢者の保障▽地方のネットカフェ管理――などに関連する規定だ。

 農村協力医療に関しては、手続きの簡素化、操作の透明化を提案。▽現在の基礎の上に、医療手当ての負担割合を上乗せする▽地方政府は毎年、国の財政補助額や農家の支払額、実際の支出額など医療協力の状況を地方メディアで公開する▽医療費が1万元を超えた患者を特設の掲示板に公表する▽難病治療は具体的な状況に基づき、医療保険の範囲を広げるなど実行可能な措置を講じ、重病患者が適切な治療を受けられるよう保障する――。

 ネットカフェ管理に関しては、実体験もあることから、最も力を注いだうちの1つだ。▽県中心市街地のネットカフェを1つの通りに集め、その数を5店舗以内に抑える▽郷?鎮(町村)には1店舗だけ残し、村のネットカフェはすべて閉鎖する▽小中学生を一律立ち入り禁止とし、教師の引率の下、学校内のコンピューター室で学習やゲームを行う――。

 「国の各級部門は現在どんどん民間の声を重視してきている。民衆と政府の意思疎通が進めば、私は次のステップとして今後も社会に踏み込み、民衆が解決を求めている問題を知り、もっと多くの合理的な意見を提案していきたい」と侯さんは意気込みを語る。(編集KA)

 「人民網日本語版」 2008年8月1日
関連記事
印刷版 ホームへ
 
注目ポイント
[ V ]動画
北京オリンピック主題歌「私とあなた」 北京オリンピック主題歌「私とあなた」