2011年4月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:56 Apr 07 2011

上海 先週の8倍の放射性ヨウ素131を検出

 【特集】東日本大震災

 東方ネットの4月6日の報道によると、上海市放射能環境監督所が同日行った大気サンプルの検査で、放射性ヨウ素131とセシウム137が検出された。3月28日のデータと比べ、今回の結果ではセシウム137が増加し、放射性ヨウ素131の濃度は8倍になった。専門家によると、この放射性物質の濃度は極めて微量で、環境と健康に害はなく、防護対策をとる必要はないという。 

 今回の観測データで、放射性ヨウ素131の濃度は8倍に増加した。理屈から言えば、放射性ヨウ素131の半減期は8日だが、8日後に放射性ヨウ素131の濃度が高くなったのはなぜだろうか。 

 上海市放射能環境監督所の専門家は、大気拡散などにより新しい放射性ヨウ素131が飛来し、これに半減期に入った放射性ヨウ素131が加わって濃度が上がったと分析する。データを見ると、濃度は8倍になったが、ごく微量で健康に影響はなく、防護対策をとる必要はない。 

 新たに発見されたセシウム137について、専門家は「これは核爆弾、核兵器実験や原子炉内の核分裂で発生する副産物の一つで、ガンマ線を放出する。半減期は比較的長く、30年に達する。大気環流で飛来したと見られるが、上海で検出されたのは非常に微量で健康に影響はない」と説明した。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年4月7日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古