ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
中秋節 高級洋風月餅登場 失われつつある伝統文化
 中国では伝統的な祝日「中秋節」を4日後に控え、「ハーゲンダッツ」や「デイリークイーン」など外資系アイスクリームチェーン店が、中秋節に食べる中国菓子「月餅」に見立てた高級アイスをこぞって発売し、人気を集めている・・・
編集者付記
 今年もまた春節に次ぐ中国第2の伝統的な祝日中秋節がやってきた。各商社が激しい月餅競争を繰り広げる中、「月餅税」という新たな言葉が市民の間で話題になっている。会社から支給される月餅が個人所得税を課せられるなんて信じられないと思う人もたくさんいるはず。どうやら、今年は一味違う中秋節になりそうだ。
話題の「月餅税」
今年の中秋節はここが違う!

「月餅税」に多くの勤め人が反発

 中秋節が近づいている。例年の慣例で、多くの企業が、福利厚生の一環として、月餅現物や月餅購入券を従業員に支給することを計画している。会社から支給される月餅は、誰もが大歓迎だ。しかし、もしこの月餅が所得と見なされ、個人所得税の徴収対象となると聞けば、出した手を思わず引っ込めてしまうのではないだろうか・・・[全文へ]

月餅の「品質保証期間」、今年は軒並み短縮

 大型スーパーマーケット各店の商品陳列棚には、広東式、蘇州式など各種月餅が、バラ売りや箱入りなどさまざまな形でずらりと並べられており、消費者はどれを買おうか思わず悩んでしまう昨年までと違う点は、今年6月20日に「食品添加剤使用基準」が改正・施行され・・・[全文へ]

人気を集めるシンプルな包装の月餅

 中秋節を間近にひかえ、イ坊の各商店ではシンプルな包装の月餅が次々と販売されている。こうした月餅は価格が安く、消費者の人気を集めている・・・[全文へ]

中秋節:月餅の海外郵送、多くの国が入国禁止

 今年も中国の伝統的祝日「中秋節」(旧暦の8月15日、今年は9月12日)が間近となった。海外に住む親類や友人に月餅を贈りたい中国人は少なくない。しかし澳門(マカオ)検査検疫部門は、多くの国の郵送で入国する食品に極めて厳格な管理を行っており、とりわけ月餅に含まれるあん材料が検査の重点だとし、先に関連規定を理解した上で月餅を海外郵送するよう注意を呼びかけている・・・[全文へ]

中秋節ディナーが人気 価格2万6888元のものも

 中国の伝統的祝日である中秋節(今年は9月12日)を目前に控え、外食産業が熱くなっている。広州市(広東省)のホテルやレストランは名月観賞をうたった中秋ディナーを打ち出すところが多く、価格は200元前後から8千元前後までさまざまだ・・・[全文へ]

中秋節 「月」で有名な観光地