2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:06 Jun 15 2012

震災から1年、なおも続く在日華人の協力

約1千人が参加した東日本大震災犠牲者追悼49日法要=昨年4月28日、宮城県女川町

 東日本大震災から間もなく1年を迎える。当時の悲しみは依然多くの人々の心に傷を残しているが、復興への希望も徐々に鮮明になりつつある。震災救援1周年を控え、在日華人らも引き続き各種活動に積極的に参加し、一人ひとりが力を捧げている。日本の華字紙「中文導報」が伝えた。

 川崎市国際交流センター(川崎市中原区)は来月3日、多文化シンポジウム「外国人の立場から考える地震災害 みんなが安全に生きるために」を開催する。ボランティア活動参加を続ける在日華人・招杏明さん(女性)も講演に招かれる。

 川崎市内で中華粥店を営む招杏明さんは、20年以上にわたり住み、仕事を続け、愛着のある第二の故郷・日本の被災に深く心を痛めた。招さんは夫・友人らと共に、福島県いわき市の被災地を、炊きだしに何度も訪れた。

 震災直後の昨年4月初め、福島県内の知り合いのボランティアから支援の依頼を受け、招杏明さんは店を臨時休業し、いわき市に向かい被災者50人分の昼食と夕食を作り続けた。いわき市は福島第1原発から近く、一時は近づくべきではないとの風評が流れ、救援物資を届ける人は少なかった。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古