2008年12月8日    中国語版日本版
更新時間:17:13 Dec 08 2008

流動人口、親子世代間で異なる夢(1)

 ベテラン木工職人の張広軍さんは、1980年代に四川省の故郷を離れ、大都市で肉体労働に従事する出稼ぎ労働者となった。1990年代初めからの広州での生活は、もうすでに十数年が経とうとしている。出稼ぎ労働で稼いだお金は全部、一家の生活費に充て、また、息子や娘を大学に入学させた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 息子の張波さんは大学卒業後、父親のいる広州にやって来た。父親は、息子がホワイトカラーとして就職することを望んだが、本人は聞き入れず、自分で会社を経営することを夢見ている。息子に安定を求める父親と、野心を捨てない息子。人生の夢に対する考えの違いのせいで、時にはケンカになることもあるという。張広軍さんは冗談交じりに「改革開放が我が家にもたらした新たな試練だよ」と笑う。

 ▽父の夢

 父親の夢とは「体力仕事が出来なくなったとき、故郷に帰って、老後を過ごす」というものだ。

 張広軍さんは今年53歳、四川省のとある村で生まれ育ち、17歳から木工職人について仕事をした。改革開放後、農民が土地から解放され、張広軍さんも都市へ出稼ぎ労働に出るようになった。

 1980年代以降、張広軍さんのように故郷を離れ大都市で出稼ぎ労働にあたる農民は非常に多く、彼らは肉体労働でお金を稼ぎ、家族を養い、子どもの教育費に充てている。今、中国全土で、約2億1千万人もの農民の出稼ぎ労働者がいるといわれる。この数は全国総人口の16%を占めている。彼らは建設ラッシュが続く大都市の重要な労働力供給源として貢献すると同時に、自分の夢を持ち続けているのである。

 張広軍さんが出稼ぎ労働者になったばかりの頃の夢は「いっぱい稼いで、息子や娘を大学に入れること」だった。「小学校5年生の時に文化大革命が始まったから、それ以降の教育は受けていない。自分の息子や娘には絶対、ちゃんと教育を受けさせたいと思っていた。学歴や教養があってこそ、いい仕事や高い社会的地位に就くことができるし、次のステップにも進めるんだ」と述べている。

 張広軍さんは1993年、同郷の3人と四川から広州に出稼ぎに出てきた。家の農業や子どものことは全て妻に委ねた。当時、息子・張波さんは中学校1年生だった。広州に出てきたばかりの頃、張広軍さん達は、部屋を借りるお金もなく、施工現場に寝泊りするほかなかった。

 木工職人であった張広軍さんは、仕事のきつさをいとわず、水回り工事、電気工事、塗装、左官工事など、何でもこなす内装職人となった。故郷から多くの労働者を伴い、次第に、同郷の7、8人を率いる職人頭となり、自分から、内装工事の請負に行くようになり始めた。

 職人頭となった張広軍さんは2003年以降、毎年7、8万元の収入を得られるようになった。特に2006年と2007年は景気もよく、10万元を超える収入を得ている。だが、今年は世間全体の景気が悪く、もう年末になるというのに、5万元ほどにしかならないという。張広軍さんは、これらの収入を糧に、一度の借金もせず、家族を養い、また、息子・張波さんと、娘・張蓉さんを大学まで進学させている。

 「自分の今の夢は何か?」との問いに、張広軍さんは「私は農民出身だから、夢は子どもに全部託しているんだ」という。「あえて言えば、自分の身体が体力仕事に耐えられなくなるまで、広州で可能な限り稼ぎたい。その時までには、故郷で何の心配も無く晩年を暮らせるだけの貯蓄があればいいなぁと願っているよ」と答えている。(編集WM)

 「人民網日本語版」2008年12月08日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>北京の売れ残り女性50万人超
北京のグルメ情報
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古