2008年12月10日    中国語版日本版
更新時間:12:21 Dec 10 2008

チチハル市で旧日本軍遺棄の砲弾2発見つかる

 黒竜江省斉斉哈爾(チチハル)市公安部門は8日、同市在住の農民2人が自宅の穴蔵を整理中に旧日本軍が残した爆弾2発を発見したことを明らかにした。この2発の爆弾はすでに適切に処理された。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 第二次世界大戦中、チチハル市には日本関東軍の化学兵器部隊??516部隊と526部隊の大本営が置かれていた。旧日本軍は敗戦後、大量の化学兵器と大砲、爆弾をこの地に埋めて立ち去った。ここ数年、同市ではそのときに遺棄された砲弾が相次ぎ見つかっており、現地の住民の安全を脅かしている。これを受け、現地の警察当局は危険爆発物を発見した際には直ちに通報し、危険を避けるため勝手に遺棄しないよう市民に呼びかけている。(編集KA)

 「人民網日本語版」2008年12月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>北京の売れ残り女性50万人超
北京のグルメ情報
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古