2008年12月12日    中国語版日本版
更新時間:16:55 Dec 12 2008

南京大虐殺記念館 新たに800点余りの史料を所蔵

新たに所蔵された文化財や史料を紹介する朱成山館長。

 「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」は11日、この1年間で文化財や史料が816点新たに加わり、旧日本軍の中国侵略および南京大虐殺の歴史を直接あるいは間接的に証明する貴重な展示品となっていることを明らかにした。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 この記念館の朱成山館長によると、新たに加わった800点余りの所蔵品は、文化財127点、書画140点、音声・画像資料30点、書籍38点、実物26点、史料455点で、主に中国大陸、米国、日本、台湾などから寄贈されたもの。

 朱成山館長は記者会見の席で、特に価値のある文化財を紹介した。なかでも中国東北部で見つかった1冊の「遇難情況録」は非常に貴重なものだ。「遇難情況録」は、当時の逃亡者・姜駕青氏が1937年以降、上海?南京?安徽?香港と転々と逃れた状況が筆でしたためられている。その中には、日本軍の爆撃機による中国各地の爆撃の様子が数多く描かれ、表紙には、姜駕青自身の印鑑が押されている。

 朱成山館長によると、姜駕青が記載した日付や事件はともに、当時の出来事とぴったり合うもので、この「情況録」が真実であり、旧日本軍の残虐な行為を裏付ける動かぬ証拠であることを意味している。

 「遇難情況録」の最後のページには「難民証」が貼られている。この証明書は当時、南京のある慈善団体が1938年2月10日に交付したもの。朱成山館長は「以前から所蔵されている、これと類似の『難民証』は、一般に日本軍が交付したものだった。この『難民証』は慈善団体が交付したもので、非常に価値のあるものだ」と話す。

 このほか、「松井集団司令部」と大きく書かれた日本国旗が注目の的となった。正義ある日本人が寄贈したこの国旗の下方には、小さく書かれた数行の文字があり、そこには、この国旗は1937年12月17日、日本軍自動車団第58号車の上等兵・藤本速夫が、南京入城式の際に用いたものであると書かれている。国旗には福本速夫の印鑑も押されている。

 この記念館に新たに加わった所蔵品には、田中義一(陸軍中将)著の「壮丁読本」、中華民国国民政府出版の「日寇暴行実録」など、その他多くの非常に価値のあるものがある。(編集WM)

 「人民網日本語版」2008年12月12日

 

日本軍の南京入城式に用いられた日本国旗を広げて見せる朱成山館長。
関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>シングルの7割「この冬、心温まる恋がしたい」
北京のグルメ情報
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古