2008年12月19日    中国語版日本版
更新時間:13:45 Dec 19 2008

海外の中国語学習者数、4千万人超

 北京で開催中の「第9回国際漢語教育シンポジウム」において、海外で中国語を学ぶ人の数はすでに4千万人以上に達したことが明らかになった。英国、フランス、ドイツなどは、各国の国民教育システムに中国語を組み入れているという。

 世界漢語教学学会の新会長に選ばれた許嘉ロ氏は、「海外における中国語教育と実際のニーズとの間には、かなり大きな開きがある。具体的には、中国語教師の素質レベルが高くない、教材が系統的に編纂されていない、現在の教育評価や試験方法がニーズを満たしていない、などの問題が存在している。このため、『三教(教師、教材、教授法)』は、必ず解決すべき課題だ」とコメントした。(編集KM)

 「人民網日本語版」2008年12月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>シングルの7割「この冬、心温まる恋がしたい」
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古