2008年12月22日    中国語版日本版
更新時間:11:04 Dec 22 2008

パンダ贈呈に向け、台湾の飼育員が四川で飼育法を学習

 まもなく大陸部からのパンダが贈呈される予定の台北木柵動物園では、パンダの飼育法を学ぶため、今年10月から3人の飼育員を中国のジャイアントパンダ保護研究センター・四川雅安碧峰峡基地に派遣している。飼育員たちはすでに贈呈されるパンダ「団団」「円円」とも仲良くなり、基本的なパンダの飼育技術を学んだ。写真は21日、パンダの「団団」に伏せを教える台湾の飼育員・王進治さん。このような姿勢ができるようになると、注射をする際に便利だという。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2008年12月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古