2008年12月25日    中国語版日本版
更新時間:15:10 Dec 25 2008

中国の飼育パンダ、268頭に 今年は35頭が誕生

 台湾に贈られたパンダの「団団」と「円円」が台北に無事到着したのに続き、08年の中国のパンダ人工繁殖活動も順調に終わりを告げようとしている。国家林業局によると、中国では今年、23回の出産で35頭のパンダが生まれ、そのうち31頭が成長している。中国の人工飼育パンダは268頭に達し、パンダの人工繁殖は持続可能なレベルに達している。

 国家林業局の報道官を務める曹清尭・新聞弁公室主任によると、中国のパンダ人工繁殖は今年、四川大地震の試練を克服し、喜ばしい成果を上げた。四川臥竜パンダ保護研究センターでは10回の出産で15頭が誕生し13頭が成長、成都パンダ研究基地では11回の出産で17頭が誕生し16頭が成長、陝西省の希少野生動物救助飼育研究センターでは2回の出産で3頭が誕生し2頭が成長している。人工飼育中のパンダの数は安定し、遺伝子の多様性も確保されており、パンダの人工繁殖はすでに持続発展が可能なレベルに達している。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年12月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古