2009年1月4日    中国語版日本版
更新時間:13:51 Jan 04 2009

中国がまもなく「小寒」入り 一年で最も寒い時期に

 1月5日は二十四節気の一つ「小寒」にあたる。天文専門家によると、中国は「小寒」に入った後、一年で最も寒い時期を迎えるという。新華社が伝えた。

 天津市天文学会の専門家によると、「小寒」の始まるのは黄経が285度に達する毎年1月6日前後だ。「小寒」とは天気が寒い時期に入ったことを指し、中国の大部分の地域では「小寒」と「大寒」が最も寒い時期となる。「小寒」が過ぎれば、一年で最も寒いとされる「三九(冬至後の3番目の9日間)」がやって来る。

 専門家によると、「小寒」の前後が寒くなるのは、1月上旬の強い冷気や寒波と寒冷全線の活発化などが原因だ。気圧や温度、湿度などの気象要素は冷気の影響で激しく変化し、これにうまく適応できない人々は呼吸器の疾病など各種の病気にかかりやすくなる。寒さと病気を防ぐ準備が特に必要となる時期となる。体を鍛えて体質を向上させる大きなチャンスでもあるが、トレーニングは個人の状況に合わせて調整するべきで、むやみに行ってはならない。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年1月4日

 

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古