2009年1月6日    中国語版日本版
更新時間:17:31 Jan 06 2009

湖北省随州市で殺人事件 8人が犠牲に

 湖北省随州市曾都区の洛陽鎮で5日、2歳半の児童を含む8人が犠牲になる殺人事件が発生した。警察当局ではすでに容疑者を特定し、懸賞金をつけて指名手配を出し、多くの警察官を手配して犯人の行方を追っている。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 随州市曾都区公安支局洛陽派出所は同日午前10時ごろ、洛陽鎮九口堰村在住の女性、朱徳清さん(43)と2歳半になる孫が自宅で死亡しているという通報を受け、急いで現場に駆けつけた。

 朱さんの夫は早くに亡くなり、息子と嫁は出稼ぎに出ていた。公安部門が調べた結果、曾都区何店鎮貫庄在住の熊振林容疑者の犯行であることが判明。熊容疑者は洛陽鎮で長く廃品回収に従事しており、朱さんと親しい関係にあったという。

 警察が熊容疑者の廃品回収所に駆けつけた際、室内に犯行の痕跡が残っていたという。詳しく調べたところ、廃品回収所で以前熊容疑者が雇っていた作業員6人の遺体が見つかった。さらに警察は犯行に使ったと思われる斧や金槌などを押収した。

 随州市公安局の万学斌局長によると、熊容疑者は3カ月前に離婚して朱さんに求婚していたが、その後何らかの衝突が起きたのではないかという。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年1月6日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古