2009年1月8日    中国語版日本版
更新時間:13:12 Jan 08 2009

「水の都」大阪の魅力は無限

ーー橋下徹・大阪府知事インタビュー

 日本の大阪は漫才の人材を輩出する点で、中国の天津に似ていると言う人がいる。

 アテネ五輪陸上ハードル110?金メダリストの劉翔選手が何度も競技に出場しながら負けたことがないように、大阪は中国のスポーツ選手にとって縁起の良い地だと言う人もいる。

 大阪には日本最大の水族館、映画テーマパーク、全天候型の空港がある。日本最長の商店街、日本で最も人気と実力のある芸能事務所がある。そして日本最年少の知事、39歳の橋下徹知事がいる。橋下知事が先日、東京で本紙の取材に応じた。

 弁護士出身の橋下知事は昨年1月に知事に当選。就任後に会った最初の外国人は中国人、最初に接待した外国首脳も中国の指導者で、就任1年で3回訪中した。3回の訪中の印象について橋下知事は、自分は日本の戦後の高度経済成長期に生まれたが、当時の日本については全く印象がなく、訪中によって高度経済成長への認識が深まったと述べた。上海では躍動する活力を感じ、北京では歴史の重厚感を感じ、天津では金融センター構想が浮かんだという。

 1年間に3回も訪中した理由について橋下知事は「歴史的に見ると、大阪を中心とする関西地区にとって中国は常に最も重要なパートナーだった。日中国交正常化前、大阪と関西地区は率先して対中貿易を発展させ、訪中活動を行った。地理的に見ると、中国は大阪と関西地区にとって近隣であり、近隣と友好的に付き合うことは賢明な選択だ」と述べた。また「大阪人と東京人には多くの違いがある。東京人はより欧米に関心を持ち、大阪人はよりアジアに関心を持っている。中国はアジアの発展の牽引車であり、大阪人は自ずと中国を重視している。貿易や人的往来について言うと、中国は大阪と関西地区で総額・総数共に圧倒的な割合を占めている。近年は大阪を訪れる中国人観光客も急速に増えている」と述べた。

 上海万博については「私は1970年の大阪万博の1年前に生まれた。東京オリンピックと大阪万博は、いずれも日本の高度経済成長期に開催された。北京五輪に続いて上海万博が2010年に開催されることも、中国の急速な経済成長を示すものだ。大阪と上海は一貫して良好な関係を維持している。上海万博を機に、中国重視をさらに強調すると同時に、大阪と関西地区をPRしたい」と述べた。

 日本は上海万博で3つのパビリオンを設ける。日本政府の「日本館」、日本企業の「日本産業館」、そしてもう1つが大阪府と大阪市の「大阪館」だ。1400年の歴史を持つ大阪は河川が縦横に流れており、水運によって発展した商業都市であると同時に、水害・汚染対策のノウハウと環境保護技術を蓄積してきた。橋下知事は上海万博を通じて大阪を中心とする関西地区の魅力をアピールする考えを示し、上海万博の成功を祈った。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年1月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古