2009年1月8日    中国語版日本版
更新時間:14:25 Jan 08 2009

江西・瑶里の景観



 世界の陶磁器の発祥地として知られる江西省瑶里は風光明媚で知られ、山を背にした昔ながらの集落には澄んだ水が流れ、古い窯場や鉱山が見られる。青々と茂った山に透き通った水、村には昔ながらの建物が残る。古い窯場跡などは歴史の変遷を物語っている。

 この場所の交通は便利で、四方八方に通じている。50キロ先には陶磁器で有名な景徳鎮があり、黄山・廬山・三清山・武夷山をつなぐ道路が通っている。また、景徳鎮は上海・南京・福州・南昌などの大中都市と鉄道で結ばれ、北京・上海・深セン行きの航空便も就航している。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年1月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古