2009年1月9日    中国語版日本版
更新時間:10:00 Jan 09 2009

国民レジャー観光計画が年内試行

 8日の全国観光事業会議によると、中国の観光業界は昨年、雪害、「3・14」拉薩(ラサ)暴乱、四川大地震、世界的な金融危機など幾多のマイナス要因に相次いで見舞われながらも、喜ばしい業績を上げ、全年の総収入は前年比約4%増の1兆1400億元と、引き続き安定成長を維持した。

 中国人の観光消費意欲は依然高いとの調査結果が出ている。邵琪偉・国家観光局長は「今年の適切な時期に国民レジャー観光計画を試行し、有給休暇制度の実施を推し進める。国内観光を力強く発展させ、海外旅行者の中国観光を積極的に発展させ、海外旅行を秩序正しく発展させる。市場の信頼性と消費の目玉の育成に力を入れ、観光業の安定した比較的速い成長の維持に努める」と表明した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年1月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古