2009年1月21日    中国語版日本版
更新時間:13:44 Jan 21 2009

北京 明日から気温が10度低下

 北京市気象台は20日午後5時、寒波注意報を発令した。明日(22日)から北京市では6ー10メートルの北風が吹き、最大で10度以上気温が低下。金曜日の明け方には平原地区で最低気温が氷点下14度にまで下がる見通し。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 北京市では昨年12月2日に初めて寒波注意報を発令。この時の最高気温は10度から氷点下2度にまで一気に冷え込み、最大で14度も気温が低下した。今回の寒波注意報は2回目となる。

 市気象局の関係者によると、ここ数日北京の天気は暖かさを取り戻し、日中の最高気温は4度前後、夜間の気温も氷点下4度前後にとどまっていた。今回の寒気の通過により、前回ほど気温が低下することはないが、市民はかなりの冷え込みを感じるだろう。

 観測によると、新しい寒気の到来に伴い、北京市では6ー10メートルの強風が吹き、木曜日の日中の最高気温が10度前後下がり、氷点下5度まで低下。金曜日の明け方に平原地区では氷点下14度の最低気温を記録する見通し。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年1月21日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古