2009年1月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:10:45 Jan 27 2009

台湾でパンダの一般公開、初日は1万8000人が殺到

 大陸から台湾に寄贈されたパンダ「団団」と「円円」は、1カ月間の検疫期間を無事に終えて、台北動物園で一般公開が始まり、初日の26日には台湾各地から1万8057人が見物に殺到した。8時半の開園を前に、明け方にはすでに各地から駆けつけた数千人の民衆で、8列の長蛇の列ができていた。

 1万人以上の観衆を前に、団団と円円はご機嫌な様子で、ゆったりと構え、台湾産の竹をおいしそうに囓ったり、あちこち歩き回ったり、遊びじゃれたり。人々を引きつける仕草に、多くの来園者が規制を忘れ、思わず足を止めて見入っていた。

 同日は台北動物園全体がパンダ一色になった。職員はみなパンダの帽子をかぶり、園内各所にパンダの各種ポスターが貼られた。台北の郵政当局も園内に臨時郵便局を開設し、パンダにちなんだ郵便関連品を販売。動物園の記念品として、パンダの形をした大小様々の商品も販売された。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年1月27日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古