2009年2月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:16:25 Feb 13 2009

中国北部、大気環流の異常で大干ばつ

 中国気象局は、今冬の乾燥の主な原因は大気環流の異常により暖湿気流の活動が活発でないためだと発表した。「新京報」が伝えた。

 中央気象台の宗志平・首席予報士によると、冬入り以来中国の多くの地域で雨が降らないのには2つの主な原因がある。まず、水蒸気が十分でないこと。中国に雨をもたらす水蒸気は主にベンガル湾からのものだが、今冬の大気還流はやや異常で、ベンガル湾からの水蒸気が中国大陸に運ばれにくくなっている。2つ目に、中国に頻繁に流れ込む寒気は東よりや北よりを通過していく。このため東北部を除き、大部分の地域では西北気流の影響を受けやすい。こういった地域では乾燥した寒気流が通過するため、湿度が低くなり、雨が降りにくくなっている。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年2月5日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古