2009年2月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:17:08 Feb 05 2009

日本人妻の7割が夫の携帯電話をチェック

 台湾の「今日晩報」によると、マイクロソフトが行った最新の調査で、携帯電話はアジア太平洋地域の消費者の生活にとって欠かせないものとなっていることが指摘された。今回の調査では、日本人妻の7割が夫の携帯メールや通話記録をチェックし、中国大陸部の利用者の8割がショートメールで愛情表現していることがわかった。「中国新聞網」が伝えた。

 この調査は、オーストラリア、インド、日本および中国大陸部と台湾の携帯電話の利用者2500人を対象に実施。その結果、各地で携帯電話の利用方法や好みに大きな違いがあることがわかった。

 文化背景が違っていても、会議中の携帯電話の使用は各地で受け入れられているようだ。また、80%近くの回答者が他人と食事中に携帯電話を使用したことがあると答え、6割のオーストラリア人が運転中に携帯電話を使用すると答え、調査対象地域でその数が最も多かった。また、携帯電話の好みをみてみると、59%の中国大陸部と63%の台湾の利用者は言語入力機能に優れているという理由からタッチパネル式の携帯電話を好み、74%の日本人利用者は折り畳み式の携帯電話を好むことがわかった。

 日本人回答者のうち3分の2が就寝前後に電話を受けたことがあると答え、ほかの地域を上回った。また日本では71%の妻が夫の携帯メールや通話記録をチェックし、中国大陸部では79%の利用者がショートメールを通じて夫または妻に愛情を表現していることがわかった。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年2月5日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第14号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古