2009年2月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:53 Feb 09 2009

南京大虐殺記念館が世界の十大「負の遺産」観光地に入選

 スペインの月刊誌「趣味」は先ごろ、世界の十大「負の遺産」観光地を選出し、中国・南京の侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館(南京大虐殺記念館)が中国で唯一入選した観光地となった。

 侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館は南京大虐殺の江東門の集団虐殺現場及び「万人坑」遺跡の場所に建設されている。1984、1998、2007年に現地で3度にわたり1000体近くの遺骸が発掘され、史学、法医学、考古学などの多くの鑑定を経て南京大虐殺の被害者の遺骸と確認された。新館は2007年12月13日の南京大虐殺30万人同胞遇難70周年記念の際に建設、公開された。展覧エリア、遺跡・追悼エリア、平和公園エリア、所蔵・交流エリアの4つのエリアに分かれた記念的性質の遺跡型歴史博物館で、全国愛国主義教育基地と全国文物保護単位でもある。(編集YH)

 「人民網日本語版」2009年2月9日

 *「人民図片網」の文字が入った写真の著作権は本サイトに属します。いかなるウェブサイト、新聞・雑誌、テレビ局も人民図片網の許可なく、写真の一部および全体の複製・転載を行うことを禁じます。購入をご希望の場合は、人民網(86-10-58203978・E-mail:zhanglulu@peopledaily.com.cn)までご連絡ください。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古