2009年2月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:40 Feb 10 2009

腐敗防止・医療改革・所得分配、「両会」の注目トピックに


 2009年の「両会(全国人民代表大会、中国人民政治協商会議)」は3月、北京で開催される。人民日報国内政治部と人民網はこのほど、両会に対する市民の注目点についてインターネット調査を行った。1月31日午後9時までの調査によると、腐敗防止と医療改革、所得分配が、インターネット利用者が注目する両会の最大の話題となっている。「人民網」が伝えた。

 ▽腐敗処罰の手を緩めるな

 調査によると、腐敗防止は回答者の最大の注目点となっている。「腐敗防止にあたっては、徹底的かつ長期的に取り組んでいかなければならない。市民による監督、とりわけインターネットによる監督を強めることが必要だ」「腐敗は、絶対に取り除かなければならない課題だ。腐敗処罰の手を緩めてはならない」などの意見が寄せられた。

 ▽病人を第一義とする医療改革を

 医療改革はここ数年、一般市民が注目する焦点の一つだ。インターネット利用者らは今年3月に開かれる両会が、中国の医療システムが抱える問題を根本的に解決し、国民全体の健康を保障することを期待している。「医療改革問題を効果的に解決するには次のような問題を乗り越えなければならない。(1)国家財政補助の問題(2)医師の職業道徳の問題(3)順序と段階の問題(4)国民の意識の問題」などの意見が回答者から寄せられた。

 ▽公平な所得分配に関心高まる

 所得分配の公平を目指す研究や討論は、所得分配の不公平さをきっかけとして、中国でも長い間つづいてきた。不公平の原因についてはいくつもの見方がある。インターネット利用者の話題の焦点は、「同じ仕事をしているのに報酬が異なる」「貧富の差が拡大している」などに集まっている。「独占産業での収入が高いことや収入の地域差が大きいことは、市民が最も関心を寄せる問題であり、政府が解決しなければならない問題だ」「労働量に応じた収入分配や公平な分配を国家が目指しているのならば、公開と公正が最も重要となる」などの意見が寄せられた。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年2月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古