2009年2月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:13:03 Feb 12 2009

陳水扁氏の妻、一部の罪認め謝罪


 台北地方裁判所は11日、陳水扁氏の家族の国務機密費横領などへの関与について審理する予審裁判を開いた。陳水扁氏の妻、呉淑珍夫人は健康を理由に17回続けて780日余り出廷を先延ばしにしてきたが、ついに法廷に顔を出すことになった。新華社が伝えた。

 法廷で呉夫人は検察官の問いかけに対し一部の罪を認めたものの、収賄罪などについては否定した。閉廷後呉夫人は今回の案件で社会に大きな迷惑をかけたとして謝罪した。

 呉淑珍夫人は同日午後、息子の陳致中氏に付き添われ出廷。質問に対し、竜潭土地購入事件で台泥集団の辜成允・董事長から2億台湾ドルを受け取ったが政治献金だと主張し、検察側が起訴している3億台湾ドルではないとした。また南港展覧館事件およびマネーロンダリング(資金洗浄)については、力麒建設の郭銓慶・董事長から実際に受け取ったのは220万ドルで、検察側の主張する273万ドルではないと主張。南港展覧館事件で受け取った資金を兄の呉景茂氏を通じて海外に送金し、マネーロンダリングした罪を認めた。しかしこれに関して陳水扁氏は何も知らないと主張。「機密費横領」については、別の領収書を使って請求するなど文書偽造は認めたものの、収賄の事実は否定した。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年2月12日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古