2009年2月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:45 Feb 12 2009

元宵節、爆竹燃えかす1700トンを処理 北京

 北京市環境衛生集団によると、10日午前7時半現在、北京市中心部で元宵節(9日)に放たれた花火・爆竹の燃えかす計51.2トンが処理された。これは春節(旧正月)以来最大の量で、春節の除夜の68トンに次ぐ規模となった。市内全域では計1700トン以上の燃えかすが処理された。「京華時報」が伝えた。

 今年の元宵節の花火・爆竹の燃えかすの量は昨年の38トンよりも3割以上増え、花火・爆竹の使用が一部解禁されて以来最高となった。環境衛生集団は清掃員200人以上、清掃車両50台以上を動員して、10日午前0時から清掃作業を開始し、同日午後4時までに市内全域で1700トン以上の燃えかすの処理・分別作業を行った。

 報道によると、10日の北京上空の大気は年初以来、最も汚染がひどく、元宵節当日午後9時に大気汚染がピークに達し、汚染濃度は大気1立方メートルあたり810マイクログラムと、換気扇の中で呼吸しているのに相当した。(編集HT)

 「人民網日本語版」2009年2月12日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
北京のグルメ情報
【特集】温家宝総理の欧州訪問
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古