2009年2月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:34 Feb 20 2009

中国の事業単位、公開雇用制度の導入へ

 「事業単位の新たな雇用制度を実施するためには、新雇用制度の普及活動を年内にほぼ完了させなければならない」。人力資源社会保障部の尹蔚民部長は19日、全国人力資源社会保障工作会議でこのように述べた。

 中国の事業単位は昨年から、公開招聘のカバー面を絶え間なく広げてきた。尹部長によると、人事制度改革はすでに積極的な進展を遂げた。「新たな職員の84%で公開招聘が実施されている。新雇用制度を実施している事業単位、雇用契約を結んでいる職員はいずれも、総数の74%に達した」。

 尹部長によると、人力資源社会保障部は今後、事業単位の人事管理に関する立法作業を進めていく構えだ。「事業単位人事管理暫定条例」をできるだけ早く打ち出し、事業単位職員の処分や奨励、審査、訴え、採用試験、特設ポストなどの一連の法規と政策の制定を急いでいく。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年2月20日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
中国を巻き込むリストラの嵐 new
【特集】胡錦濤主席の中東・アフリカ5カ国歴訪
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古