2009年2月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:11:02 Feb 25 2009

円明園の流失文化財オークション、中止求めパリで緊急審理

 フランスのオークション会社「クリスティーズ」が開催を予定する、イブ・サンローラン氏とピエール・ベルジェ氏が所有していた文化財の特別オークションに、かつて円明園に飾られていた「12生肖獣首」(干支の動物をかたどった銅像)のうち、ネズミとウサギの頭部銅像が出品される(オークション開始時間は現地時間2月25日夜7時)。

 これについて、中国外交部の姜瑜報道官は、「頭部銅像は戦争時に英仏連合軍が強奪し、長年海外に流出していた貴重な文化財だ。これらの銅像について中国は疑いの余地のない所有権を有しており、中国に返還されるべきだ」と表明している。

 オークションの中止を求め、中国の弁護士団がこのほどフランスを訪問した。パリの裁判所は現地時間23日11時30分、オークション中止の要請について、緊急審理を行った。フランスメディアが20日に伝えた。

 写真は21日、パリで公開されたネズミとウサギの頭部銅像。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年2月23日

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古