2009年2月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:10:59 Feb 25 2009

山西省省長、涙の謝罪 炭鉱ガス爆発事故

 山西省の王君・省長(山西省委員会副書記)は国務院で開かれた屯蘭炭鉱「2.22」特別重大ガス爆発事故調査グループ第1回全体会議で、涙ながらに犠牲となった作業員やその家族に謝罪した。王省長は発言の中で、気持ちを抑えきれず、何度も涙に咽んでいた。

 王省長は、焦煤集団の屯蘭炭鉱で今月22日に起きた大規模なガス爆発事故で多くの生命と財産を失ったとし、山西省委員会省政府は党中央と国務院、国家安全監督総局にしっかりとした報告を行う考えを示した。犠牲者や負傷した作業員に話が及ぶと、「犠牲となった作業員や家族に申し訳ない」と、涙ながらに嗚咽を抑えて話した。

 今のところ事故の研究と犠牲者の捜索がひと段落つき、救出活動と捜索活動はすでに完了し、作業の重点は事故の調査と処理の段階に移ったという。今後調査グループは爆発の性質、事故発生地点、事故原因、事故責任の認定を進め、今回の事故の教訓に深く学び、より整った安全生産制度を実施していく方針だ。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年2月25日


[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古