2009年2月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:53 Feb 25 2009

新星号事故で救助された船員3人が帰国準備

 貨物船「新星」号の沈没事故で救助された中国人船員3人が24日、関係部門の許可を得て、ロシアの極東の港ナホトカを離れて帰国する準備に入った。

 ロシア側は貨物船「新星」号の沈没事件に対する司法調査を完了しており、27日に調査結果を発表すると見られる。案件調査グループのリーダーは先ごろ、中国人船員には刑事責任がなく、インドネシア籍の船長を違法に領海を越えた罪で起訴すると表明。今年60歳のインドネシア籍船長は手に深刻な凍傷を負って現在病院で治療を受けているが、ロシア側は「ロシア連邦刑法典」第322条第1項(ロシア連邦国境の不法な越境)に基づき同船長を立件している。同条項の規定によると、同船長は最長で2年の懲役判決を受ける可能性がある。(編集YH)

 「人民網日本語版」2009年2月25日


関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古