2009年2月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:26 Feb 26 2009

円明園から流出のブロンズ像 1400万ユーロで落札


 パリのグラン・パレでパリ時間の25日午後7時(北京時間26日午前2時)、世界的なデザイナーの故イブサンローラン氏とピエール・ベルジェ氏が集めた美術品のオークションが開催された。フランスのクリスティーズ社は中国の反対も顧みず、円明園から流出したねずみとうさぎの頭部のブロンズ像をオークションにかけ、それぞれ1400万ユーロで落札された。

 オークションでは、会場に集まった欧米からの買主や電話で参加した買主が壮絶なやり取りを繰り広げた。まず、ねずみのブロンズ像が1000万ユーロから始まり、最終的には1400万ユーロで会場の参加者が落札。続くうさぎのブロンズ像も同じ価格で電話の参加者によって落札された。落札者は明らかにされていない。

 ねずみとうさぎの頭部のブロンズ像は円明園から流出した「十二支動物像」のうち、所在がわかっている2体。「十二支動物像」は第2次アヘン戦争時に流出したもので、すでに牛、猿、虎、猪、馬の5体は返還されたが、竜、蛇、羊、鶏、犬の5体は今も行方不明となっている。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年2月26日


[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古