2009年3月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:11:16 Mar 08 2009

質検総局副局長、「汚染ミルク事件」を反省

 国家質量検験検疫総局(質検総局)の支樹平・副局長は7日、九三学社のグループ討論に出席し、三鹿製粉ミルク事件の関連問題に関して、委員たちからの質問に答えた。

 支副局長は、「三鹿製粉ミルク事件の被害は、本当に多くの家庭、子供に及んだ。2008年12月時点で、病院で検査を行った子供は3千万人に上る。これは人類史上最大規模の腎臓検査となるだろう」と述べた。

 委員たちから質検総局の責任について問われた支副局長は、「私たちに責任があるのは確かだ」とし、「私たちが引き受けるべきことは引き受け、管理すべきことは管理する」と述べた。

 支副局長はまた、「私たちは製品の生産過程における監督について責任を負っている。しかし、リスク評価と早期警報が足りなかった。つまり、発生する可能性のある問題、どのような問題が生じるかについて、把握が十分でなかった。また、原料検査でも手落ちがあった。このことが悲惨な代価を伴った」と反省した。

 支副局長は「この事件において品質検査部門は責任を逃れることができないが、無制限に責任を引き受けることもできない」と表明。牛乳の生産は、多数の部門に関連するため、段階的な監督・管理を行うことを明らかにした。具体的には以下のとおり。

 ▽酪農部門においては農業部門が監督・管理を行う▽工場内においては、質検総局が監督・管理を行う▽市場では工商総局が監督・管理を行う▽食卓に乗った後のことについては、衛生部が管理する。

 支副局長は、「三鹿事件発生からしばらくの時間がたったが、この事件で明らかになった社会の信用問題、検査の欠陥問題、部門間の職責問題などは、依然として深刻な反省が必要な問題だ」と述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2009年3月8日

関連記事
 三元集団 総額6億元で三鹿集団の資産落札
 三鹿粉ミルク事件、被害乳幼児95%が賠償受け入れ
 三鹿集団、正式に破産
 乳児53人、「Dumex」 粉ミルクで結石症状
 三鹿集団 1回目の債権者会議開催
 三鹿集団前会長が一審判決取消を求め控訴
 粉ミルク事件の賠償作業が最終段階に 大部分が賠償受け入れ
 三鹿集団の元トップに無期懲役判決
 三鹿製の粉ミルク事件で60人逮捕
 乳児用粉ミルク事件 メーカー側の賠償責任に対する客観的評価
 三鹿粉ミルク問題、元トップが容疑認める
 衛生部、「粉ミルク」事件の賠償問題を論証中
 中国の粉ミルク輸出、99%の激減に 三鹿事件受け
 FDA、米市場の3製品からメラミン検出(2)
 FDA、米市場の3製品からメラミン検出(1)
 衛生部:粉ミルク問題で依然5824人が入院治療
 質検総局、11回目のメラミン検査 全サンプルが基準値クリア
 原料乳のメラミン検査規格が発表
 三元の三鹿買収が暗礁に、巨額債券がネック
 乳児1万人がなおも入院中 粉ミルク事件
 三鹿製「問題粉ミルク」450トンを全面廃棄 河北省
 国産粉ミルク販売量、通常の8割まで回復
 質検総局:主な粉ミルク新製造品にメラミン未検出
 「粉ミルクはもう信じない」母乳育児も十人十色(2)
 「粉ミルクはもう信じない」母乳育児も十人十色(1)
 三鹿集団の主な責任者に容疑
 粉ミルク事件、食品安全トップが引責辞任
 三鹿粉ミルク事件の余波 働く母親が乳母を急募(2)
 全国で牛乳へのメラミン混入を検査 結果公開
 石家庄市市長辞任 三鹿集団の新董事長が陳謝
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古