2009年3月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:44 Mar 12 2009

ガス報知器故障が屯蘭炭鉱事故を誘発

 山西省人民代表大会常務委員会の謝克昌・副主任は11日、同省代表団が行った記者会見で、最新のモニター技術を有するガス報知器の故障のため、ガスが感知されなかったことから、屯蘭炭鉱ガス爆発事故が発生したことを明らかにした。謝副主任によると、屯蘭炭鉱のガス報知器は、空気中にわずか0.05%のガスを感知しても警報を発する高性能を誇るものの、事故当日に警報が鳴らなかった理由は分らないとしている。「故障原因は現在調査中で、事故の最終原因についても追加調査を行っている」。

 全人代代表、山西省の王君・省長は記者のインタビューに対し、屯蘭炭鉱事故について語った。王省長によると、2月20日に全省安全大会が開催され、省内各市長、副市長、県長、大企業幹部など計420人以上が会議に出席したばかりだったが、22日には事故が発生した。

 「安全大会が開かれたばかりでどうして事故が発生するのか?我々は現在事故原因を究明しており、私は次の3つの問題があると認識している。第一に、現場の安全生産に対する取り組みがずさんすぎる。第二に、指導者の業務が実体を伴っていない。第三に、安全制度が不十分である。屯蘭炭鉱は現代的な炭鉱で、過去22年間爆発事故は発生しておらず、ここ5年死亡事故もゼロだったにもかかわらず今回の事故が発生した。事故原因は現在も調査中だが、私個人としてはこの3つの問題が重要であると分析している」。(編集HT)

「人民網日本語版」2009年3月12日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古